月別アーカイブ: 2018年5月

菊芋のサプリメントと運動療法

菊芋のサプリメント飲んでいるひと、または飲んでみようかどうか考えている人は数値を改善させるために運動している人も多いと思います。

ここでは菊芋のサプリメントとその運動について解説していきますね。

さて、インスリンを作る細胞が壊れているⅠ型の糖尿病、インスリンの分泌量が少なくなったり、インスリンの働きが悪くなったりして起こるⅡ型の糖尿病、遺伝子の異常や他の病気が原因で起こるもの、妊娠中に起こるものと、糖尿病にはいくつかのタイプがありますよね。

このうち日本人に多いのがⅡ型の糖尿病です。過食や運動不足が主な原因で、初期の頃は肥満の傾向が多く見られます。そのために一般的には次ような考え方をする人が多いです。

・たくさん運動してやせれば、血糖値が下がってきて糖尿病が治る
・食事制限をするのは無理だから、食べた分だけ運動でカロリーを消費すれば良い。
・食事療法をしっかりとやっていれば、運動しなくても良い
・今まで運動していなかった分だけ動くのだから、週1回の運動でも効果がある
・運動は気づいた時に無理なく、好きにやればよい

実は、これらすべて、間違った考え方といっても良いと思います。

なかでも一番やっていはいけないのが激しい運動で、「汗をびっしょりかくほど」の運動をたくさんしてしまうことです。
確かに、運動をする程、体のエネルウギーが消費されるので、血糖値は下がります。

有酸素運動により筋肉への血流が増えると、ブドウ糖がどんどん細胞の中に取り込まれ、インスリンの効果が高まり、血糖値は低下します。糖尿病の運動のはなし | 糖尿病情報センター

しかし、それが行き過ぎれば、体には様々な負担がかかってしまい、逆に血糖値を上げてしまうことになりかねません。

日本人に多いⅡ型糖尿病は「体内のミネラル不足により、インスリン分泌に障害が出る」ことも発症の一因だと言われています。

特に、インスリンを作る原料となる亜鉛が不足することは大問題なんですね。

また、糖尿病になると尿中から多くのカリウムが排出されてしまうので、糖尿病の人はただでさえミネラルが足りていない状態。

そんな糖尿病の人が汗をびっしょりとかくような激しい運動をしたらどうなるでしょうか?

汗の成分の99%は水ですが、残りの1%にはナトリウム・カリウム・マグネシウム・カルシウムなどの微量ミネラルが含まれています。

エクリン腺から出る汗の99%は水分で、それ以外の成分は塩分がほとんどです。
汗をなめると塩味がし、たくさん汗をかいたあと、服に白い跡が残るのはそのためです。
その他にも、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、重炭酸イオンなどのミネラルや電解質、さらに乳酸、尿素などの老廃物も、ほんのわずかですが含まれています。汗の基礎知識 – 汗はなぜ臭うの?

つまり、過激な運動によって汗を大量にかいてしまうと、ミネラル不足に拍車をかけてしまうことになってしまいます。

もっといえば、体に害のある活性酸素の発生が増えて、糖尿病とその合併症を悪化させてしまう危険性があるといえます。

さて、菊芋のサプリメントについてなんですが、菊芋のサプリメントは水溶性の食物繊維としてのイヌリンが数値の改善に役立つことはもちろんですが、実はミネラルも豊富に含まれています。

ですので、そういう意味では汗で流れ出てしまったミネラルを補給することもできるんですよ。もちろん、それでも激しい運動を毎日するのは、止めておくべきではありますが。

菊芋のサプリメントの口コミでは、運動をしている人も多いと思いますが、もしそれであまり体調が良くならないと思ったら、少し運動の量を減らしてみてはどうでしょうか?その方がもしかしたら、体調がよくなる事もあるかも知れないですよ。

因みに、菊芋のサプリメントを選ぶ際には、どんな菊芋が使われているのはチェックしておく事がおすすめです。特に、原産地によっては原料である菊芋の質が違ってきますから。

おすすめは、栄養がしっかりと詰まっている「長野県産の菊芋」か、「熊本県産の菊芋」がおすすめ。栄養価が高い方が血糖値に良い影響をもたらすとされているイヌリンの量にも影響してきますからね。菊芋のサプリメント