糖尿病の厳しさと菊芋のサプリメント

糖尿病になれば、多くの人はだいたい1ヶ月ぐらいの間「教育入院」と呼ばれるものを体験するのを知っていますか?

教育入院はその名前の通り、患者さんが病気に対する知識を高めるために、自分が病気であることをきちんと自覚させることを目的としたものですが、入院中は糖尿病の治療として薬物療法(薬を使って、血糖値のコントロールをしていく)をしていき、きちんとカロリー制限をした食事を食べ、早寝早起きの規則正しい生活を送ります。

ですので、ある意味誰でも糖尿病がかなり改善された状態で退院し、自宅に帰ることができます。

ですが、ここで安心できないのが糖尿病の難しいところです。多くの病気は医師の診察を受け、注射や飲み薬などの治療で治りますが、退院=病気が治ったと解釈できます。

しかし、糖尿病に関しては、退院した時からが、ある意味では本当の始まりです。なぜなら、いったん下がって良い状態になった血糖値を維持するため、厳しい「自己管理」がここからスタートするからです。

例えば、病院から自宅に戻ってきた患者さん本人を囲んで「退院祝い」をすることになり、外食にいくことになったとしましょう。

でも、糖尿病の患者さんにはさまざまな食事制限があるので、自分が食べないものを好き勝手に食べるわけにはいきません。

糖尿病の患者さんが飲食店に入ってまず何をするからといえば、カロリー計算です。入院中に渡された「カロリー表」や「食品交換表」と言われるものを見ながら、「ここまでは食べていいけれど、ここからは食べられない」と自分で計算して、考えなければいけません。

そして、「運ばれてくるコース料理を途中でやめる」「カロリーの低いものを選んで食べる」「周囲がアルコールを飲んでいても、自分はアルコールを我慢してウーロン他を飲む」など、自分の意思で食べ方をコントロールしていく必要があります。

食べたいものを我慢するのは大きなストレスになりますよね。「糖尿病のためだから」と思っても、近くにいる人が自由に食事をしているなかで、一人だけ我慢しなければいけないのは疎外感すら感じるものです。

菊芋のサプリメントを飲んでいる人の中には、ただ単純に血糖値が下がったことによって、体調が良くなった人だけではなくて、明らかに血糖値が正常な状態で安定してきたことによって、多少のお酒も飲めるようになり、また甘いものも食べられるようになった人がたくさんいます。

菊芋のサプリメントによって完全に糖尿病を治すことができる、とは言えないですが、多くの人は、菊芋のサプリメントをはじめる前よりも自由な食事ができるようになるケースが多いです。

もう何をしてもダメだと諦める前に、一度菊芋のサプリメントを飲んでみることを考えてみるのも本当にありだと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です